エックスサーバーとは? 8つの特徴

Pocket

エックスサーバーとは?~8つの特徴
レンタルサーバー選びって、本当に大変ですよね。
サイト運営に携わる仕事をしていたら「おすすめのレンタルサーバーを教えてください」
とよく聞かれることがありますが、小中規模のサイトの場合でしたら、迷わず「エックスサーバー」と答えています。
私自身も多くのサイトを運営しているのですが、そのほとんどをエックスサーバーで管理しています。
その中でも私が特にエックスサーバーをおすすめする利用があるので、ご紹介します。

複数のホームページ・ブログを開設できる

スタンダードプランの「X10」でも容量が200GB、データベース(MySQL)も50個作成できるので、WordPressなどのCMSも複数インストール可能です。
また、複数サイトを運営する際に必要なマルチドメインも無制限に設定できるので、安心です。

ハイスペックサーバー環境・高速化・稼働率99.99%

ハイスペックのサーバーを利用しているので、6コアCPUと大容量24GBメモリを積んでいるので、PHPやCGIを多用しているウェブサイトでもCPU負荷を低く抑えられ、表示の高速化を実現しています。
エックスサーバーはスペックだけではなく、万が一の停電にも対応しています。
サーバーがダウンしないように努力した結果、今はなんと99.99%のサーバー稼働率になっています。
ほぼ100%と言ってもよいくらいの徹底ぶりです。
元々サイトの表示スピードに定評のあるエックスサーバーですが、「mod_pagespeed設定」という高速化機能も導入されています。
WordPressサイトの表示速度の高速化は、ユーザーのストレス軽減や離脱率の低下にも直結するので、SEO対策としても効果的です。

国内大手データセンターに収容、高速バックボーンの環境

エックスサーバーのサーバーマシンは、電源・空調・防火システム完備の国内大手データセンターに収容されています。
監視が行き届いているのでサーバーダウンを未然に防ぐ事や問題が生じた場合にも即時対応されております。
また、国内でも最大規模の232Gbpsというバックボーンを有しています。
バックボーンというのは、簡単にいうとデーターをやり取りする転送量やデーター通信速度を意味しており、バックボーンに余裕があると十分なネットワーク帯域を確保できるので、高速かつ安定なサイト運営が可能となります。

簡単操作の管理画面

独自ドメイン、サブドメイン追加やメールアドレス発行、MySQL設定、FTPアカウントの追加等、エックスサーバーのサーバーパネル(管理画面)で簡単に設定ができます。
個人的にエックスサーバーの管理画面は無駄がなく、とてもシンプルなので、本当に使いやすいと感じます。

自動バックアップ機能で安心

サーバー領域ののデータを毎日自動でバックアップサーバーにコピーし、サーバー領域のWeb・メールデータ「過去7日分」、MySQLデータベース「過去14日分」のデータを保持しておく「自動バックアップ」機能に対応していますので、もし契約者自身データを消してしまっても、期日以内だったら、復旧可能です。

余裕のデータ転送量(70GB/日)

データ転送量とは、ユーザーがウェブページを閲覧する時に、設置されたサーバーから、送信されるデータ量になります。
サーバーとユーザーとの間に、転送できるデータ量の上限を指します。
転送量(70GB/日)と多いエックスサーバーであれば、アクセスの多いウェブサイトやブログ、複数サイト運営に最適です。
また、レンタルサーバーの中には、転送量無制限を謳っているサービスもありますが、これは転送量による課金がないというだけで、実際には速度制限や一定の転送量を超えたらエラーになるということもあるので、注意が必要です。

電話&24時間365日メールサポート対応

エックスサーバーは、24時間365日対応のメールサポートと電話サポート(10:00~18:00)が対応しています。
実を言うと、この電話サポートは、日本のサポート文化では当然のように感じられますが、
海外ではサポートは有料が当たり前のためコールセンターを設けていない場合が多いそうです。
こういったサービスを提供する企業では、非常にコストがかかるのがこのサポート業務です。
低価格な商品の場合は、特に電話サポートは行っていない場合が多いので、エックスサーバーの提供料金を考えると、本当に凄いなと感じます。
私も数回電話サポートを利用しましたが、的確かつ迅速に対応してもらったので、好印象でした。

WordPressのインストールが簡単

WordPressは、2003年にリリース以降、世界で1番使われているホームページやブログを構築するオープンソースのソフトウェアです。
レンタルサーバーにWordPressをインストールすれば、数あるデザインテンプレートから自分の目的に沿ったウェブサイトやブログを構築でき、デザインテンプレートのカスタマイズも自由にできます。
ポータルサイト、ギャラリーサイト、ブログサイト、ビジネス向けサイトなど、誰でも簡単に構築する事ができ、検索エンジンに強いカスタマイズができるので人気を得てます。
エックスサーバーは、WordPressの簡単インストール機能があるので、サーバー初心者の方も簡単にWordPressでウェブサイトやブログを開設することが可能です

まとめ

数あるサーバーの中でも、エックスサーバーの良い所は、「コストパフォーマンス」と「抜群の安定感」だと思います。
エックスサーバーよりも高額なサーバーを利用したこともありますが、そんなレンタルサーバーでも、ダウンして表示されないということを経験したこともあります。
エックスサーバーの安定感は、サイトを複数運営しているユーザーにとっては、安心ですね。

Pocket