エックスサーバーとは? アクセス制限(ベーシック認証)を設定する方法

Pocket

エックスサーバーとは? アクセス制限(ベーシック認証)を設定する方法

ウェブサイトやブログサイトを本格的に公開にする前に、アクセス制限をかけることがあります。
アクセス制限をかけたページにアクセスすると、ベーシック認証でアクセス制限がかかり、ログイン情報(IDとパスワード)が求められ、この情報がないと該当のページにアクセスができません。

今回は、エックスサーバーのアクセス制限の設定方法と確認方法をご紹介します。

ユーザー名とパスワードの設定

「サーバーパネル」ページにログインして「アクセス制限」をクリックします。

エックスサーバー サーバーパネル アクセス制限

アクセス制限を設定したい対象のドメインをクリックします。

エックスサーバー アクセス制限 ドメイン選択ページ

以下のページが表示されるので、セキュリティ対策の一貫として、WordPressの管理画面に必要なファイルが格納された「wp-admin」というフォルダにアクセス制限をかけます。
ページ右部にある「ユーザー設定」を押します。

エックスサーバー アクセス制限 ディレクトリ選択ページ

ユーザー名とパスワードとなる任意の文字を入力して「ユーザーの追加」をクリックしましょう。

エックスサーバー アクセス制限 ユーザーID、パスワード入力

ユーザーの追加が完了すると以下のページが表示されます。

エックスサーバー アクセス制限 ユーザー追加完了ページ

再度「ユーザー設定」をクリックします。
以下のように追加ユーザー情報が確認できます。

エックスサーバー アクセス制限 ユーザー追加イメージ

 

アクセス制限を設定

アクセス制限ページに戻って「wp-admin」フォルダの右にあるボタンの「ONにする」をクリックします。

エックスサーバー アクセス制限 ON操作時

以下のようにステータスが「ON」になったらアクセス制限設定が機能しています。

エックスサーバー アクセス制限 ON確認

 

アクセス制限が有効になっているか確認する

アクセス制限をかけたアドレスをブラウザに入力しましょう。
(例では「wp-admin」に制限をかけたので「http://xserver-okite.com/wp-admin/」となります。)

以下のように、ベーシック認証画面がポップアップで表示されます。

エックスサーバー アクセス制限 BASIC認証ポップアップイメージ

先ほど設定したユーザー設定の情報を入力して「ログイン」をクリックします。

エックスサーバー アクセス制限 BASIC認証入力イメージ

無事、Wordpressのログインページにアクセスできました。

エックスサーバー アクセス制限 認証成功ページ

ログイン情報が誤っている場合、アクセス権限がない旨の以下のページが表示されます。
再度設定を確認しましょう。

エックスサーバー アクセス制限 認証NGページ

以上がエックスサーバーにてアクセス制限(ベーシック認証)をする方法となります。

Pocket