コアサーバー

0 口コミ投稿数:0
このエントリーをはてなブックマークに追加

コアサーバーの特徴

月額料金 213円 初期費用 515円
容量 60GB 転送量 100GB/日
MySQL 10個 お試し期間 7日間

※上記料金、仕様は「CORE-MINI」プランの場合となります。

GMOインターネットグループは、そのグループ会社を通じて多くのレンタルサーバーを提供していますが、GMOデジロック株式会社が提供する「コアサーバー」もそのひとつです。
4種類のプランをリーズナブルな月額料金で利用できます。
プランごとの主な違いはディスク容量で、WEBサイトの規模によって選択するとよいのですが、最も容量の小さいCORE-MINIはMySQLなどのデータベース数が10個、マルチドメイン数が50個、メールアカウント数が200個までなどの制限があります。(他のプランは無制限)
個人用のサイトやブログでは、動画などの大きなファイルを少々使ったとしても60GBあれば充分、データベース数の制限も問題にはならないでしょう。
画像や文字を中心としたWEBサイトなら実際に1GBもあれば余るほどで、CORE-MINIの月額の安さは魅力的です。
全プランともCGIやSSIへ対応は充実しており、Perl、PHPはもちろんRuby、SQLite、SSH、Python、CやC++までの言語に対応しています。
WordPressや独自のCGIを使った商用サイトにもおすすめです。
また、国内サーバーで回線は1Gbpsです。

コアサーバーの良い点

  • 12ヶ月契約だと月額費用が安くなる
  • CORE-MINIを含む全プランで、CGIなどへの対応が充実
  • CORE-A以上のプランではデータベース数・メールアカウント数など制限がほとんどない

コアサーバーの気になる点

  • CGIへの対応が幅広いため、他のユーザーのサイトと同じサーバーにに同居することになる可能性がある

総合評価

コアサーバーのマシンのスペックに特別なものはありませんが、低料金で利用できるレンタルサーバーです。
それでも、サーバーとしての基本的な機能は充実しており、データベースやCGIなどを思う存分活用できます。
お手軽な料金での個人向けサイトから大容量を必要とする大型の商用サイトまで4種類のプランから選べ、最大で500GBのプランもありますので、動画を大量に配信するようなサイトでない限りは充分といえるでしょう。
概ね安くてオーソドックスなサーバーといえますがCGI対応はすばらしく、よく使われるWordPressだけでなくさまざまな独自CGIでWEBコンテンツを表現できる点、応用範囲が広く汎用性の高いサーバーです。
特にCやC++まで使えるレンタルサーバーは他にそれほど多く見当たりません。
CやC++でプログラムされたCGIは、他のPerlやPHPと比べて高速に動作しますのでメリットも大きいでしょう。
画像や文字が中心で、限られた数の商品を販売する通販サイトなら、ディスク容量60GBのCORE-MINIでもさまざまなCGIが使えるので商品検索やECサイトの実装に不自由はありません。
お試し期間が7日あり、実際にWEBサイトを運用してみることができるので、ディスク容量なども検討しながらコアサーバーの実力を試してみるとよいでしょう。

コアサーバーの口コミ・評判